複数のMac、またはソースボリュームを同じハードドライブにバックアップするには

フォローする

複数のボリュームまたは複数のMacを1つのハードドライブにバックアップするのは、容易なことではありません。計画なしにそれぞれのソースボリュームを同じコピー先ボリュームにバックアップしてしまうと、各ソースボリュームのデータはバックアップボリュームで山積みになってしまいます。さらに、タスクはお互いがバックアップしたコンテンツをアーカイブまたは削除します。

既存のAPFSフォーマットのバックアップディスクに専用のボリュームを追加する

複数のボリュームを同じAPFSフォーマットのバックアップディスクにバックアップしている場合、そのバックアップディスクにそれぞれのソースボリュームのための専用ボリュームを作成してください。

  1. ディスクユーティリティを開きます
  2. 表示メニューから“すべてのデバイスを表示”を選択します
  3. サイドバーから現在のCCCのコピー先ボリュームを選択します
  4. 編集メニューからAPFSボリュームを追加...を選択します
  5. 新しいボリュームに名前をつけて、“追加”ボタンをクリックします
  6. それぞれのCCCバックアップタスクを設定して、コピー先の専用ボリュームにバックアップしてください

関連ドキュメント

HFS+フォーマットのバックアップディスクに専用のパーティションを追加する

パーティションを作成するのは、上記のボリュームを追加することに似ていますが、柔軟性が少し劣ります:

  1. ディスクユーティリティを開きます
  2. 表示メニューから“すべてのデバイスを表示”を選択します
  3. バックパックディスクの最上位の親デバイスをクリックします
  4. ツールバーの“パーティション”ボタンをクリックしてください
  5. "+" ボタンをクリックして、 第2のパーティションをバックアップディスクに追加します
  6. それぞれのCCCバックアップタスクを設定して、コピー先の専用ボリュームにバックアップしてください

関連ドキュメント

複数のデータボリュームをAPFSフォーマットでないディスクにバックアップするには

同じ非APFSフォーマットのバックアップディスクに複数のデータのみのボリュームをバックアップする最も簡単な方法は、バックアップしたい各ボリュームのためのフォルダをバックアップディスクに作成することです。その後、コピー先をバックアップディスクにあるそのディスクの専用フォルダに設定して、バックアップしたいそれぞれのソースボリュームのタスクを設定できます。

  1. CCCのツールバーから 新規タスク ボタンをクリックします。
  2. CCCのソースセレクタからデータボリュームを選択します。
  3. Finderでコピー先ボリュームに新規フォルダを作成してから、そのフォルダをCCCのコピー先セレクタにドラッグします。
  4. 必要であれば、タスクをスケジュールしてください。そうでなければ、CCCの“ファイル”メニューから 保存 を選択してください。このタスクをすぐに実行することも、スケジュールに従って後で実行することもできます。
  5. コピー先のルートレベルにその他の各ボリューム用に新規フォルダを作成して、各ボリュームで上記の手順を繰り返してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk